グッドデザイン賞(玩具)



マストロ・ジェッペット社のデザインは、子どもの遊びの観点から安全性・デザイン性のバランスのとれた商品開発を行ってきています。デザイナーでアートディレクターの富永周平氏は商品デザインについてはこう述べています。


___『このブランドのデザイナーとして就任した2009年ごろは、南会津の工房では無垢のブナの木を活用した積木やパズルボックスなどを製造していました。それはとても素朴でナチュラルであったが逆に誰が作ったのか?わからないオリジナリティー性のない感じがしました。せっかく南会津で優秀な職人と一緒にブランドを立ち上げて、デザインするチャンスがあるのであれば「あの商品のブランドね!」と言われる、特徴のある・アイデンティティのあるアイコンをデザインしたいと思いました。そのためただ木を使って作るのでなく、木を上手く使い、「あまり木々してない」・「飽きの来ない、色とフォルム」のデザインを目指しました。』____


2012年よりマストロ・ジェッペットは玩具や食器でグッドデザイン賞を多数受賞してきました。以下でご紹介いたします。

ラトル「FAVA」(ファーヴァ)


2012年グッドデザイン賞受賞/FAVA商品ページ

[ グッドデザイン賞の審査員の評価 ]

木を使った玩具は数多く存在するが、これは、ユニークなフォルムとアイデアが込められた製品である。房の中に豆が3粒入った姿をかたどったということだ が、優しさの中にユーモアが込められたデザインに仕上げてある。手に取った時の握り心地、振ってみた時の楽しさ、揺らしてみた時の面白さなど、子どもだけ でなく大人も楽しめる。精緻な造りが随所の凝らされているものであり、上質な木製玩具として評価したい。

FAVA /販売ページ